カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

新幹線50年

e0116694_11191995.jpg

  東海道新幹線50周年記念切手です。JRも日本郵便も、ここぞとばかり記念グッズを出していますが、財務省は来年の北陸新幹線の開通日に、なんと記念硬貨を発行するというではないですか。まぁ、国がらみで、国民から小銭を集めようとしか思えない所業です。
  先日、NHKで日本郵便の記念切手をデザインしているスタッフ7名の仕事を放映していましたが、民営化されてからの切手は、粗製乱造そのもののような気がします。民営化前は、これほど頻繁に記念切手は出していませんでしたが、今は何とかシリーズというシリーズ物が毎月のように出ています。それも小型シート以上の10枚組み物でです。デザイナーは、デザインを考えてる間もないのではないでしょうか。
  この新幹線記念切手も、デザイン的にはいろいろ耳に入って(最近はパソコン情報が圧倒的なので、眼に入ってのほうが正しいかも)きますが、新幹線総括記念切手みたいでしょ。
e0116694_1050154.gif  左は、東海道新幹線開通時の記念切手。その下は、山陽新幹線の切手。どうですか。デザイン的に。美しいですが、格調はないです。絵本的です。 
  切手は、この小さな印面に日本郵便、NIPPON、そして金額を刷りこまなければならない制約があります。消印は黒ですから、消印も見やすい色使いも必要です。単片、連刷、田型など、形式もあります。俳句や趣味週間では、絵柄と文字だけの連刷が結構ありました。芸のないこと甚だしいデザインでした。
e0116694_11412610.jpg
そのあとに発行された上越新幹線、東北新幹線の記念切手は横連刷にしていますが、ぱっとしません。
 JRはこの50周年を機会にして、記念入場券を関連で出し、日本郵便は図柄を替えたフレーム切手を印刷しています。もう、好事家を食い尽くしそうです。いづれ好事家からも飽きられて、というより呆れ果てられてしまうでしょう。入場券も切手も、収集家に使われずに死蔵されることを見込んだ発行です。民営化とは、こんなさもしい事業会社にしてしまうことだったのでしょうか。50年前を振り返ってみたい思いです。
e0116694_11441358.jpg
e0116694_1144423.jpg
 
[PR]
by JF1EBPKH | 2014-10-01 22:48 | 趣味 | Comments(0)