人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

桑名2.

e0116694_2041895.jpg
 
  桑名の宿から、南へ行けば伊勢街道。西へ向かえば東海道になります。なので、お伊勢さんの一の鳥居は、七里の渡しにあります。毎上七里の対岸、宮の宿の旧街道には、今でも櫃まぶしで有名な『蓬莱軒』がありますが、桑名宿の旧街道にも『船津屋』という豪勢な料亭があります。
e0116694_2052263.jpg しかし、今は商売替えをされて、結婚式場とイタリアン・スイーツの店になっております。今回も、せっかく桑名まで来たんだから、季節も春だし、はまぐり料理でも食べようかということになったのですが、『日の出』は7月まで昼、夜とも満席でキャンセル待ち。7月まで一杯なんて、本当かな。でもホームページにはそう書いてあるんですよ。連れ合いは、中国産のハマグリは嫌だわ、ということで、『丁子屋』にするか、どこにするかと。結局老舗の『魚重楼』に予約を取りました。e0116694_21813100.jpg お品書きは、蛤南蛮漬け、季節の前菜、蛤刺身、蛤酒蒸し、焼蛤、蛤茶碗蒸し、蛤ほか天ぷら、時雨茶漬け、香の物、デザートでした。中国産のハマグリは貝殻がすべすべして白く、桑名産は貝殻が黒く、まだら班があるのだそうです。ここでは、3年ものから4年物を多く使っているそうですが、酒蒸しが一番美味しかったです。お吸い物代わりに、たっぷりいただきました。
 e0116694_21232030.jpge0116694_21243275.jpg
by JF1EBPKH | 2016-04-21 21:25 | | Comments(0)