カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旅券のはなし

  先週の木曜日に、旅券の更新をして来ました。8冊目になります。職業上、一般旅券は当然として、国会の仕事をしていた時は、公用旅券、外交旅券など、あまりなじみのない旅券もさわっていました。一般も含めて、それぞれ、一回旅券、数次旅券があります。数次旅券には表紙に枠が描かれています。一般旅券にもその区分があったのですが、一般一回旅券が交付されなくなってから、一般旅券はすべて枠なしになりました。表紙の色は、一般旅券5年用が紺、10年用が赤。外交旅券は茶色、公用旅券は緑色です。
  外交官が持つ旅券は当然外交旅券ですが、外国へ赴任する外交官に伴う家族も外交旅券になります。また、国会議員は公務で外国へ行く場合(経費が国から出る場合の公務)は公用旅券ですが、衆議院議員でも外交委員会に所属し、国の経費で外務委員会の公務として出国する場合は外交旅券が交付されます。ただし、外交一回旅券です(外務省所属の外交官は外交数次旅券です)。一回旅券は、訪問する国(行くと推定される国も含めて)がすべて旅券に明記されます。したがって、国会議員が、外交旅券で出国していた場合、突然他の国へ行かねばならなくなってもその国の国名の記載がなければ、その旅券では入国できません。また、一般旅券では相手国の入国ビザが必要でなくても、公用、外交旅券では必ずビザが必要な国がほとんどです。一般旅券で行けば面倒がないのに、と思いますが、公用や外交旅券はなかなか交付してもらえないので、議員達でも持ちたがります。外交旅券所持者は、治外法権所持者となるので、荷物の検閲、税金の免除、不逮捕特権など、いわゆる外交特権があるからです。しかし、一回旅券ですので、帰国したら効力は失効します。地方公務員は、国の用務で海外の業務で行くことは基本的にはありませんので、地方公務員は一般旅券で出国します。一般人が外交旅券を交付されることはまずありませんが、外国の大使館に赴任するコックさんなどには外交旅券が交付されます。また、国際交流事業団や、外国へ国の仕事で赴任する人には公用旅券が発給されます。
  日本人で、一番数多くの種類の旅券を持つ経験をするのは、たぶん雅子さんでしょう。学生時代は一般旅券。外務省に入省して外交旅券。皇室の仕事で外国へ行く際は公用旅券。そして、皇后陛下になった際は、外交の慣例として国家元首とその令夫人は旅券不要となるので、すべての旅券を持つ?からです。
  今週5日に新しいICチップ付き旅券が交付されますが、あと10年で何回外国へ行けるでしょう。気力体力、それに財力もなければなりません。この先みんな衰えるものばっかりです。

  
[PR]
Commented at 2011-01-14 23:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jf1ebpkh at 2011-01-15 18:28
ご指摘誠に有難うございます。確かに色が逆でした。外交は茶色、公用は緑でした。直しましたが、1年以上前の項目に修正しても、見てもらえますかねぇ。
Commented at 2016-12-10 12:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by jf1ebpkh | 2009-02-01 23:16 | | Comments(3)