カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

玳瑁螺鈿八角箱

e0116694_2304919.jpg  たまたま見た産経新聞のホームページに、写真の「玳瑁螺鈿八角箱」がサザビーで売りに出されるとの記事がありました。旧正倉院御物にほぼ間違いないとのことです。旧所蔵者は武藤山治。社会党代議士ではなく、明治時代に倒産寸前の鐘淵紡績を一流企業に建て直した人ですが、折しも、近世の美術骨董の移動を蒐集家別に記した松田延夫著『美術話題史』(読売新聞社刊)を読んでいたところなので、びっくりしました。いまだにこのような貴重な文化財が出てくるのですねぇ。デザインは、あの螺鈿の琵琶とそっくりではないですか。正倉院御物の出入りは明治時代までにもたくさんあったらしいですが、こういう移動史はおもしろいです。結局は、個人では持ちこたえられなくて、美術館や博物館に収まってしまうのですが、世間にはまだまだこのようなものが埋もれているのでしょうね。


写真は、「玳瑁螺鈿八角箱」Photo courtesy of Sotheby’s 
産経新聞
[PR]
by jf1ebpkh | 2009-02-11 23:40 | 趣味 | Comments(0)