人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

カテゴリ:晴耕( 152 )

e0116694_22502410.jpg

e0116694_22513879.jpg   ジャガイモの種イモの植付けがようやく終わりました。今年は50株(50個)ほどですが、今回は2日がかりでした。昨年までは今年の倍近く植付けて1日で終えてしまえたのに、体が硬くなってしまっているのです。特に左足の筋肉がすぐ硬直してしまい、立ったり座ったりの体勢を換える時の動作がスムーズにいきません。簡単に言うと、何かを落としても、すぐ拾えないのです。横断歩道で走れないのです。電車の座席から、すぐ立ち上がれません。つかまり立ちしております。トホホ。神経痛とは、凝りなのですよとお医者さんが言ってましたが、よく判ります。
  ジャガイモは約100日で収穫できますので、6月20日ごろですかね。梅雨入りの前に掘れれば良いのですが、取りあえず、春の農作業での山を越えました。あとは夏野菜の準備まで少し間があります。しかし、茶碗バスや盆栽の植替えはこれからです。紅葉はもう芽が動いてしまっていますから、今年はダメですね。と作業をサボる理由にしています。茶碗バスは養生もせず、水を入れたままで冬越しさせてしまいましたので、すごく心配です。3鉢あるから、どれかは大丈夫でしょうと思っているのですが。米つつじは2鉢並べて同じところに置いてましたのに、片方は枯れてしまいました。排水が悪くて水が凍ってしまったのかもしれません。その点、草ものは丈夫ですね。雑草のスミレはもう咲いています。オオバコは鉢に繁茂しています。大事にしているものの方が弱くて、ほっておいた方が丈夫に育っている。人間も同じかもしれません。
by JF1EBPKH | 2019-03-10 23:17 | 晴耕 | Comments(0)

春が来た

e0116694_21420626.jpg
   三寒四温とか、春の晴天は3日続かないとか言いますが、まわりの畑ではもうジャガイモを植え終えています。しかし、私の菜園では植える場所がなく、もう気が気ではないのですが、それでも今日は小カブ、深谷ネギなどが植わっているところをすべて掘りかえし、ノラボウやブロッコリー、芽キャベツなど、採れるものはドンドン取っていきました。初めて蒔いたノラボウはこれからが育っていくところなので、予備に植えてあった部分をようやく先週から食べ始めているのですが、掘りかえすところまではいっていません。乾燥が続いていたので、芽キャベツやブロッコリーは育つのが遅く、しかし急激に暖かくなっているのでトウ立ちしそうです。なので、その場所に植えてもいいかなと考えています。春先の野良仕事はやることが多いのですが、あれもこれもと楽しめるところがいいですね。虫と同じで、暖かくなると植物が恋しくなります。
e0116694_22094567.jpg   暖地性のサクロンボの苗を昨年の秋に植えてみたのですが、もう花が咲いております。狭い所にいろいろ植えているものだから、周りの農民は笑っているかもしれませんが、土いじりは楽しいです。飽きません。連れ愛においなりさんの弁当を作ってもらって、今日は日なたぼっこしながらの昼飯でした。       e0116694_21424249.jpg
by JF1EBPKH | 2019-03-08 22:03 | 晴耕 | Comments(0)

今年は春が早い

e0116694_21412809.jpg  一昨日、今日と季節外れの暖かさで、私の農民の血が騒ぎ始めました。今年は春が来るのが早そうです。木瓜にはもう花芽がたくさん付いています。鉢植えの山査子はいつもより早く芽が動き始めたようで、今日急いで石灰硫黄剤を塗布しました。ついでに、一才桑や柘榴、百日紅などにも塗布して、明日は酢橘などにも。皆スス病予防です。カイガラムシが媒介するのですが、スス病は葉も幹も真っ黒くしてしまうので、見た目が悪いのです。ベランダに並べてある鉢は3・4十鉢もあるので、全部塗布して行ったら大変ですのでやりませんが、間もなく植替えもしなければなりません。これもまた大変な作業になります。e0116694_22210352.jpg             菜園には肥料をやって、初めて蒔いたノラボウが気になっています。
by JF1EBPKH | 2019-02-20 22:21 | 晴耕 | Comments(0)

菜園は今

e0116694_20520701.jpg   相模野基線のことばかり書いてましたので、今日は菜園のこと。この紅葉した木は何でしょうか。何と、ブルーベリーなんです。3本ほど植えてありますが、こんなに紅くなるのは1本だけ。深い紅色でとても綺麗です。すぐ脇に、ツルウメがあるのですが、今年は赤い実がなかなか割れてきません。黄色い実ばかりたくさん付いてますので、毎年のように家に持って帰って玄関先に活けましたが、活けない方が実が割れてきそうです。昨年は11月下旬で赤い実がたくさん見えてたので、やはり今年は暖かいのでしょう。e0116694_21055840.jpg                 サトイモは先週全部掘ってしまいました。畑を空けておかないと、ノラボウが植えられません。ノラボウはアブラナ科の植物で、菜花の一種なのですが、北多摩郡特産なのでほかの土地で植えてもうまく出来ないと言われています。種を蒔き、植え替えなければならないので、ちょっと手間なのですが、美味さは一番です。あまりにもおいしいので、毎年あきる野市に住んでいる知人がダンボール一箱送ってくれるのですが、先月ホームセンターでノラボウの種を売ってましたので、喜んで買ってみました。せっかく種が手に入ったので、今年は自分で育ててみようというわけです。          今、菜園には長ネギが3種類(深谷ネギ、長ネギ、分けネギ)、小カブ、茎ブロッコリー、プチベール、芽キャベツ、白菜が植わっております。小カブのサラダはみずみずしくて、採れたてなればこそ。長ネギは鍋物には欠かせませんが、掘りたては深谷ネギの青い部分も軟らかくて美味いです。ノラボウ、茎ブロッコリー、プチベール、芽キャベツなどはどれもアブラナ科(ハクサイも)ですが、春の野菜は皆美味しい。そろそろキヌサヤも植えなけきゃネ。長ネギの畝で空いているところは、もう食べてしまった所です。e0116694_21184195.jpge0116694_21190631.jpg
by JF1EBPKH | 2018-12-03 21:34 | 晴耕 | Comments(0)

のらぼう

 e0116694_21402540.jpg  今朝は少し肌寒い感じがしましたが、日中は快晴の日本晴れ。こういう日の菜園は、朝が最高です。先週蒔いた"のらぼう"が、芽を出しています。来年の春、3月下旬頃から伸びた葉と茎を食べるのですが、作ってみるのは今年が初めて。毎年、春先になるとあきる野市に住む知人が送ってくれるのですが、これまでは西多摩郡のあきる野市周辺でしか作られていませんでした。地域作物だったのですが、あまりにもおいしいので、昨今では南多摩や川崎の麻生区でも造られるようになりました。10cmくらいに伸びたら40cmくらいの間隔に植替えて、約半年育てなければならないから面倒だよと、その送ってくれる知人は言うのですが、茹でても、炒めても、天婦羅にしても美味しいので、送ってくれる分だけでは足らないのです。ミカン箱いっぱいに積めてくれるのですが、お替りとは言えません。それが、近くのホームセンターで種を売ってたのです。もう自分で蒔くしかありません。e0116694_21421863.jpg
 のらぼうはアブラナ科の仲間ですが、我が菜園 には、すでに茎ブロッコリーのスティックセニョール、芽キャベツ、プチベール等々、アブラナ科の野菜がたくさん植わっております。 e0116694_21510337.jpg 白菜は虫が着かないようカバーをかけていますが、芽キャベツなどは葉がレース状になってしまいました。犯人はショウリョウバッタですね。大量に食べてしまってますが。  長ネギは深谷ネギです。鍋物には一番。間に出てる葉っぱは小カブです。冬は野菜が美味しいので、もうワクワクですネ。咲かないだろうなと思ってたベランダのサンザシも咲いてくれて、ルンルン気分です。

by JF1EBPKH | 2018-10-22 19:11 | 晴耕 | Comments(0)

葉焼け

e0116694_21575198.jpg  今年の夏は酷暑ですが、植物にとっても同じこと。鉢植えのフジバカマはすっかり葉焼けをしてしまって、今年はもう花は無理かなといった状態です。草に限らず、今年の春はいっぱい花を咲かしてくれたサンザシや、実が付いているるカマツカなど、葉が大きな広葉樹なども葉焼けを起こして見た目がひどい状態になってしまいました。 朝、出勤前に水はたっぷりやっていくのですが、日中の強い陽射しに鉢の中で水がお湯になってしまい、根が茹でられたり、蒸されてしまったりしたためです。地面に育っているものは根が茹でられたりすることはないのですが、鉢植えはどうしても直射にあたってしまうので、葉が大きなものほど被害が大きくなってしまいます。ウメモドキはすっかり葉を落としてしまいましたが、新たに芽をだして、蕾まで持ってしまっています。桑も新芽が出て、どちらも春の芽吹きのような柔らかな葉っぱです。e0116694_21543138.jpg  植物は面白いですね。そしてたくましいです。ショウジョウバカマは毎年葉焼けをしてしまうのですが、それでも今年はいつもより花芽がたくさん伸びています。
e0116694_22564411.jpg

by JF1EBPKH | 2018-08-13 22:58 | 晴耕 | Comments(0)

今年は暑い

e0116694_13322063.jpg
    今年は梅雨明け前から暑かったですが、ここ数日の暑さはもう異常ですね。私の小学生の頃は、30度を超す日があっても31・2度で、35度なんてまったくなかった気がします。今年の冬の異常な寒さから桜の開花の早さ。季節がおかしくなっているのは間違いないことでしょう。私の周りでは、もうヒガンバナは咲き終わってしまいましたし、玄関内の鉢はワレモコウです。盛夏になる前なのにワレモコウですよ。大きな鉢に植えてあるミズヒキは6月中旬には盛りとなってしまい、玄関先に出す予定が葉が茂りすぎ、花もいっぱい付いてしまって出すに出せなくなってしまいました。e0116694_14173562.jpg  しかし、昆虫はいつも通りでしょう。ヒグラシは今月初めからようやく啼き始めましたし、トンボやカブトムシはまだです。虫は、最近種類が昔に戻りつつあるような気がします。農薬が使われなくなったせいでしょうか。大きな紋を付けたモンキアゲハを見かけましたし、私のカエデの盆栽にかじりついたカミキリムシも、頻繁にとは言いませんがしばしば見つけます。  暑さが早くやってきたので、ベリー類は今年は豊作で出来は良いです。ラズベリーの実はすっかり落ちてしまい、雑草のように幹が繁茂しています。ブルーベリーは今が盛り。実もいつもより大きいですが、先日の西日本の大雨時の際は甘みが少し落ちました。写真のブラックベリーは赤から黒くなりかかっている時期に入りましたが、今年は今までで一番美味しい気がします。生食しても種が気になりませんし、今年は甘みが濃くてジューシーです。ブルーベリーはジャムにする予定ですが、ブラックベリーはそのまま私の口へ入ってしまうでしょう。虫と取り合いになるかな。
by JF1EBPKH | 2018-07-15 14:02 | 晴耕 | Comments(0)

ジャガイモ掘り

 e0116694_21460956.jpg  雨が降ったり、旅行に出ていたりで、ジャガイモの取り入れがとうとう月末になってしまいました。5月の連休明けから試しに何回か掘っていましたので、実成も味も判っているつもりですが、今日は何しろ暑いので、6時過ぎから掘り始めて、スーパーの籠で2つ溜まった所で止めにしました。残りはまた週末です。今年のキタアカリも美味しい出来ですし、イモも大きくて小さいのがほとんどないので、掘り上げるたびに嬉しくなってしまいます。サトイモでも、サツマイモでも、イモは土を掘ってみなければ出来が分からないので、これがいいんでしょうね。収穫という喜びを実感します。ナスもキウリも実が成り始めていますが、これは見ただけで大きさが分かってしまうので、オ!オ!っという気分の高揚がありません。
  イモ掘りは予定より早く終えてしまったので、草むしりや、伸び過ぎたツルウメなどをバッサバッサと切っておりましたら、写真のような寒気がするような虫がおりました。e0116694_22193592.jpg どこかで見た覚えがあるヤツです。アケビカレハ? 今日は珍しく、オケラも見つけて喜んでいたのですが、菜園にはいろんな虫がいます。素手で作業をしていて、毒虫に触れたり、トゲをつかんでしまったりするのは日常茶飯ですが、イラガやハチなどは御免こうむります。何年か前に、サンショの木の中にコスズメバチが巣を作ってしまい、どうしたものかと困ったことがあります。   シャチホコガだそうです ☚ 娘より
e0116694_22315103.jpg
e0116694_22361101.jpg e0116694_22343832.jpge0116694_22390996.jpgヒガンバナが咲きそうですe0116694_22333897.jpg
by JF1EBPKH | 2018-06-27 22:40 | 晴耕 | Comments(0)

タマネギの採り入れ

e0116694_22570658.jpg     今年は、4月も5月も暑いという日が多かったので、タマネギもジャガイモも早く収穫できると思っていましたが、いつもと同じ季節になってしまいました。タマネギはようやく葉が倒れてきましたので採り入れることにしましたが、ジャガイモはまだ葉が青くて、試しに2・3株掘ってみましたが、大きなイモが少なく、もうしばらく様子見です。タマネギは、ホームセンターでタマネギの苗とだけ表示されていたものを買ってきたので、大玉なのか中玉なのかの種別が分かりませんでした。保存性も勘案しなくてはならないのですが、一昨年は苗を売っている時期を逃してしまったので、昨年は早めに用意だけはしておいたのです。ジャガイモもタマネギも、実が大きくなるのは暖かさより、日照がより大きく作用するのかもしれません。光合成ですね。大きさはバラバラです。実成から言えば、昨年の方が良い出来でした。赤タマネギなんか、市販のものより大きなものばかりでした。でも、赤タマネギは私が好きでないので、ほとんど人に差し上げてしまいました。タマネギは差し上げると、とても喜ばれますが、今年は中玉ばかりのようですので、差し上げるには少し恥ずかしい。収穫は30kgくらいあるでしょうか。菜園から自転車ではとても運べる量ではないので、娘に車を出してもらいました。駐車場からは台車で我が家の下まで運び、そこからは連れ愛と2人がかりで玄関まで運び上げました。スーパーの籠一杯が2つと、大きくて丈夫な紙袋1つです。もう無理しません。 
  ジャガイモも、タマネギと同じくらいの量が出来ると思うので、1週間後はジャガイモ運びでしょうか。どちらも我が家の一年分あります。あとは保存をうまくしなくては。
e0116694_23272707.jpg
  木いちごもたくさん色付き始めました。もうだいぶ前から味見をしていますが、採って家に持ち帰るだけでも風味が落ちてしまうので、採ってその場で食べてしまうのが一番ですが、あまりたくさんだと食べきれません。ジャムにしても美味しいので、たぶん今年もジャムになってしまうのでしょう。

by JF1EBPKH | 2018-06-03 23:32 | 晴耕 | Comments(0)

今日の農作業

e0116694_20314103.jpg   連休も開けて、世間はまた日常の忙しさです。連休の後半は余り良い天気ではなかったので、農作業が少し遅れてしまいました。連休前は毎日タケノコ。今は毎日キヌサヤとスナックエンドウ。中2日あけて採りに行くと、1キロくらいなってしまうのでもう食べきれません。連れ愛や娘、私の勤務先へ持っていって食べていただいてます。山椒の実は姉の所へ。代わりにメダカとフキをもらってきました。うちのフキは早々に採ってしまってたので、中継ぎです。今は、次に育った芽が大きくなってきたので、それがまた美味しい。 連休中に、盆栽に貼るいい苔を大量に見つけましたので、取ってきておりました。厚みがあって、乾燥にも強いスナゴケです。今日は私が育てている盆栽で一番大きな鉢の唐カエデに貼ることにしました。この写真のカエデ樹高1mほどあります。鉢が小さくなって、3月末に植え替えました。根がようやく落ち着いたようですので、根回りの化粧です。しかし、カミキリムシが入ってしまったようで、オガクズが時々根元に盛り上がっています。根株の所に殺虫剤を散布しておいたのですが、効いたかどうか。  ベランダの盆栽にも貼りましたが、コケはそれだけでも美しいですが、管理が難しいです。以前、スギゴケを養生して楽しんでいましたが、自宅が大規模改修の際、管理が出来なくてダメにしてしまいました。今、コケの鑑賞がブームにもなっていますが、湿った陰気な植物なのにこれに美を感じる日本人て不思議ですネ。e0116694_21051595.jpge0116694_21283201.jpg     カエデの根っこはいろいろ変化しますので根張りを見るのも楽しいですが、写真に写すと大木感が出て、なかなかいいものです。コケが落ち着いてくるのが楽しみです。e0116694_21371187.jpg
e0116694_21385144.jpg
   楽しみと言えば、イチゴが食べごろになっています。明日は、上の娘の誕生日ですので、手土産に持っていこうかと思っています。
by JF1EBPKH | 2018-05-12 21:06 | 晴耕 | Comments(0)