カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

歌のアルバム

 今宵は県民ホール”玉置宏の歌のアルバム”同窓会へ。出演は、橋幸夫、三田明、平浩二、黛ジュン、小川知子、あべ静江の6名。いやいや皆様私よりお歳上のはずなのに若いこと。“美しい十代”も還暦ですよ。出るほうも見ているほうも同じ世代だからか、もう出だしから和気藹々(難しいなこの漢字)。小川知子は昔と変ってないし、あべ静江はやっぱり綺麗だった。舞台中央には大きな画面が設営されていて歌手と歌詞が流され、老眼のわれわれにはとても有り難い。もう会場全体が歌声喫茶状態。なにしろ出てくる歌が全部知ってる歌ばかりなのだ。最近の歌は何言ってんだかゼーンゼンわかんないもん。紅白なんかもう十年以上見てないもんな。テレビ東京のナツメロのほうがよっぽど懐かしい。
 つい先日、文化庁が《日本の歌百選》を発表していたが、山口百恵の“秋桜”くらいは知ってるが、SMAPの歌など俺知らない。流行歌など入れるべきではないだろう。“いつでも夢を”のほうがよっぽど名曲だと思う。今の若いモンが還暦になったら、一緒に歌える歌があるんだろうか。歌いながら自分の昔を想いだして、不覚にも涙が出てしまいました。明日カラオケ行こぉ。
[PR]
by jf1ebpkh | 2007-01-26 23:50 | Comments(0)
本が買えた日は嬉しい。学生時代の日記に記した思いがあります。高校時代は『歴史読本』。
大学生になってからは平凡社の『太陽』を買っていました。嵐山光三郎さんが編集長だった頃の『太陽』が一番面白かったと思います。少ない小遣いから雑誌を買うのは結構決断力が要りました。小学館から、原色日本の美術が発刊された頃は、一巻2,400円では2ヶ月間の小遣いでも追いつかず、結局一巻目と2巻目だけしか買えませんでした。それが今では神保町の古本屋で一冊800円です。何ということでしょう。それでも買い手はいないそうです。あんな大きな本、置き所がないからというのが理由です。ひところ、どこの家にも鎮座していた百科事典もないですものね。私の書斎でも、美術全集や大きな本ははっきりいって邪魔者扱いですが、捨てるに捨てられなくて、書棚を占領しています。本は増えるばかりで、皆様はどのように整理なさっていらっしゃるのでしょう。
 今週買った本は、テレビ東京編集局編『ガイアの夜明け 未来へ翔けろ』(日経ビジネス文庫)、高尾慶子著『イギリス ウフフの年金生活』(文春文庫)、近藤好和著『装束の日本史』(平凡社新書)、そして今週から刊行された小学館・古寺を巡る1『法隆寺』と、NHK『四季の山野草栽培』。小学館の『法隆寺』は、2001年刊行された古寺シリーズの再刊のようなもの。巻数50巻で、はじめの頃は古寺の順番も同じ。中番以降の編集が少し異なるだけかな。八巻さん、二匹目のどじょうですか。小学館は写真一杯持っているからなぁ。いくらでも本出来ちゃうだろな。

イギリスウフフの年金生活

高尾 慶子 / / 文藝春秋
スコア選択:

軽い本かと思ってましたら、現代日本の文明批判でした。日本の福祉に限らず、政治の貧困さは呆れてしまいます。
[PR]
by jf1ebpkh | 2007-01-25 22:04 | Comments(0)

つがいのメジロ

 e0116694_216281.jpg ここ数年、テラスの盆栽棚にミカンを切って置いております。するとメジロがやって来ます。ある時は群れで。いつもはつがいでやって来ます。時間も決まっているようで、朝は10持半頃、午後は2時前後になります。そこへまたヒヨドリもミカンを狙ってきますので、メジロが追っぱ割れてしまいます。メジロはヒヨを警戒して、一口ついばんではまわりをみまわしております。私は当然メジロのミカタなので、ヒヨを脅かすのですが、ヒヨもなかな賢くて、脅かされる前に逃げてしまいます。
 横浜市内とはいえ、私のところはまだま雑木林がたくさんあるので、いろいろな野鳥がやって来ます。メジロ、シジュウカラ、モズ、オナガ、一番驚いたのはカッコーでした。姿は見えなかったのですが、あの鳴き声に驚かされました。また、頭が赤く、縞々のシャツを着ているキツツキ
(コゲラでしょうかね)はよく見ます。あれは木を縦に昇っていくのですぐわかります。家にいながらバードウオッチングが出来るなんて、ちょっと自慢の一つです。
[PR]
by jf1ebpkh | 2007-01-21 21:21 | Comments(0)

ごあいさつ

 今日からブログをやってみます。
 学生の頃からトビトビではありますが日記をつけておりました。
 書くこと、読むことは嫌いではありませんので、ムリをしないで
 日々のことなど書き連ねようかと思います。トビトビでもね。
 ひぐらし パソコンにむかいて 心にうつりゆくよしなし事を
 書き連ねば あやしうこそ ものぐるおしけれ
[PR]
by JF1EBPKH | 2007-01-20 17:37 | Comments(0)