人気ブログランキング |
カレンダー

<   2011年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今夜も生でさだまさし

   今夜は最後まで聞いてやろう、と思っていたのに、始まって10分もしないうちに眠気が襲ってきて、結局今朝に録画で見ることに。最近は、夜遅くまで起きていることが辛いので、11時には寝てしまうのですが、毎月末の週末に、NHKで零時から約2時間放映している‘今夜も生でさだまさし’は、高校生の頃の深夜放送を聞いているような番組なので、出来る(起きていられる)限り聞いていたいと思っているのです。
   同じNHKのラジオでやっている‘ラジオ深夜便’も、以前は眠れないときにたまに聞いていましたが、最近は眠れない時などないので(ナント幸せな奴なのダ)、聞いてません。
e0116694_22234998.jpg   昨夜は、琵琶湖に浮かぶ船からの中継でしたが、いつものように投書と掛け合う語りがいい。昭和27年生まれだそうだから、ほとんど同世代なので、話題が合うのだろう。高校、大学と落研に所属して、人生は明るく、歌は暗く、がモットーというのもいい。
   来月は山口市からの放送ですが、同世代の方一度聞いてみてください。
by jf1ebpkh | 2011-07-31 12:10 | 日常 | Comments(0)

金箔の切手

e0116694_13222713.jpg  28日から横浜で‘日本国際切手展’が開かれています。それを記念して切手が3種ほど発行されましたが、その1種が金箔製なのです。金箔でできた切手はこれまでもガボンとかイエメン、カメルーン等(北朝鮮も)何カ国かで発行されていますが、もちろん本邦では初めてです。
  金属ですのでインクの印刷は無理。なのでエンボス加工で絵柄を表しておりますが、24金の金箔なのでアルミ箔の裏地がついてます。アルミ箔と重ねないとエンボス加工ができないのでしょう。。デザインは日本で初めて発行された龍文切手です。額面は500円。もう1枚は、豆兎蒔絵螺鈿硯箱(まめうさぎまきえらでんすずりばこ)の絵柄です。こちらも額面は500円。合わせて2枚の小型シートですが、説明付の台紙込みで1,200円。発行枚数10万。今通常の記念切手の発行枚数が1,200万枚ほどですから、かなり少ない数なので、横浜の展覧会場と全国の集配郵便局でしか売られていません。
  日本郵便は、民営化されてから頻繁に記念切手を出しています。その節操のなさにあきれて、もう切手を買うのはやめにしましたが、今回は北斎の富嶽百景から十景をシートにして発行しました。買うのはこれが最後にしたいところです。
by jf1ebpkh | 2011-07-30 13:41 | 趣味 | Comments(0)

セミの声

e0116694_14202851.jpg    今朝はセミの声で目が覚めました。朝4時ころでした。ミンミンゼミとアブラゼミです。やっと鳴き始めたかという思いです。しばらくして、鳥の声。セミは鳥より早く鳴き始めます。夏はやはり早朝がいいです。朝露が葉に残っていて、それが陽に輝いて、これから1日が始まる。キボーオノ アサーダとラヂオ体操が始まります。ラジオ体操なんて最近してないけど。
  夕暮れはヒグラシが鳴きます。暑い1日も暮れるなぁ、とホッとする黄昏時です。セミは七年土の中に居て、たった七日間だけの命。中国では、長い土中の眠りから覚めて羽化するところから、復活のシンボルとされて、高貴な人がなくなると口の中に翡翠で造ったセミを含ませました。
  e0116694_14222979.jpg
  ところが、ヨーロッパにはセミがいないので、なぜ木が鳴くのかと不思議がられるという。
静かさや 岩に浸みいる 蝉の声 も、蝉の声は決して静かではないのに、この句では逆に静寂さを強く感じさせます。ましてや空蝉の無常観など、欧米人には解りはしないでしょう。



ミズトクサの朝露









e0116694_18245825.jpg
   
by jf1ebpkh | 2011-07-28 22:02 | 日常 | Comments(0)

アナログテレビの終了

e0116694_2046398.jpg  アナログテレビが終了しました。私は、夜中の零時をもって終了するのかと思っていましたが、何んと真昼間の正午に終了するというのです。移行するその瞬間を見ようと、アナログテレビを点けていました。ホタルの光か、何かお別れにふさわしい音楽でも流れるかと思ってましたが、画面が青くなって文字だけが映っていました。ガッカリ。
   我が家にテレビがはいった昭和34年5月以来52年間、テレビには大変お世話になってます。私に膨大な情報をくれ、相談相手にはならなかったけれど、たくさんの楽しみを提供してくれました。もう、表彰状を差し上げたいくらいです。アナログからデジタルになって、何がどう利便性が高まるのかいまいちよくわかりませんが、少なくとも家電業者とテレビ局はCM枠が増えて利益が出たことでしょう。しかし、ブラウン管テレビは粗大ごみになりました。いったい何千万台あるのでしょう。まだちゃんと映るんですよ。一夜にして膨大な粗大ゴミ。国家主導のゴミ創造。我が家にもまだ2台あるけど、これはビデオの視聴用として取っておくつもりです。
by jf1ebpkh | 2011-07-24 21:16 | 日常 | Comments(0)

夏休み

   学校は夏休みに入るので、その前にいろいろやっておかねばなりません。9月11日発のイタリア研修は、来週最終説明会があります。2か月前なのにです。8月22日発のフランス研修も、今月にはしおりを造っておかねばなりません。そのほかにも、9月に入ってすぐ出発する海外研修、国内研修の段取りもしておかねばなりません。何しろ、夏休みに入ってしまったら、連絡が取れなくなってしまうのです。携帯電話があるじゃないか、とお思いでしょうが、事はそう簡単ではありません。一方的な連絡なら電話でも手紙でもいいのですが、相談しながら決めていかねばならないことが結構あるのです。連絡先も、現住所か帰省先か。留学生なら海外まで追っかけねばならなくなります。時差もあります。なので、学生も先生もいるうちに、となるわけです。
   フランスの職人ツアーは、おかげさまで40名を越えるお申し込みがありました。昨年のイタリアの職人ツアーに参加いただいた方で、またご参加いただいた方が10名を越えます。しかし、航空座席、ホテルの部屋数も添乗員分を入れて37名分しか取っていませんでした。しかし、手配していたホテル4か所のうち、一箇所で追加ができず、そこだけはホテルを変更せざるを得ませんでした。航空座席は、団体枠ではなく、高い金額の座席をとるしかありません。ホテルも結果高くなります。しかし、旅行業約款、旅程管理では、これを企画主催した旅行会社は補償しなければなりません。仕入れが高くなっても、弁済補償しなければならないのです。使うエールフランス航空は、出発日の60日前から取消料を請求してくるので、61日前には予測を決定しておかねばならないのです。お客様が集まっても、それが収益アップには直接つながらないのが実情です。
   最終案内を早く作らねばなりませんが、それは大きなリスクを伴っている場合もあるのです。燃油だって、また上がってしまうかもわかりません。なかなか思うようにはいかないものです。
by jf1ebpkh | 2011-07-22 23:43 | 仕事 | Comments(0)

三連休

   普段スポーツ番組などまったく見ない私ですが、畑に行くため早く起きてTVを付けるとサッカーをやっていました。1-1で延長中でした。なかなかやるじゃん、と思いながら見ていると、延長後半アメリカのエースのヘッディングで2-1。時間もないしこりゃ負けだな、と新聞を取りに行って戻ってみると2-2になっているじゃありませんか。へぇーすごいな、とここからはもう目が離せません。PK戦での結果はご存じの通り。不覚にも泣いてしまいました。スポーツ番組を見て泣いたのなんて、栃錦X若乃花の全勝同士の相撲と、東京オリンピックの閉会式以来です。なでしこジャパン。名前がいいじゃないですか。大和撫子のおちゃぴぃーさが顕れて秀逸なネーミングです。やっぱり、2番じゃダメなんです。1番でないと。
   暑い3日間でしたが、まだセミの声がありません。夕暮れに、遠い所でヒグラシの声は聞こえるようなのですが、アブラゼミやミンミンゼミが鳴いてません。地面はまだ冷たいのかもしれません。3日間、畑以外はどこへも行かなかったのですが、家に居てもおかげさまでクーラーつけなくても大丈夫です。夜も網戸だけで、それも全開では冷えるので、少しだけ開けています。日中でも、玄関のドアを開けると風が吹き抜けて、宅急便屋さんが驚くほど涼しい風が抜けていきます。恵まれているかな、と思います。でも、小学生の頃はどこにもクーラーなんて、なかったじゃないですか。30度を越える日も今ほどはなかったですが、電車も混んでいたし、日中も外で遊んでいました。なるたけ自然に過ごしたいと思っています。
e0116694_17462153.jpg
e0116694_21495754.jpg

















ヤマユリの後は、カサブランカです。畑の茶碗バスには花芽がいくつも伸びています。これも嬉しい。
by jf1ebpkh | 2011-07-18 17:45 | 日常 | Comments(0)

寄席文字橘流

e0116694_2231964.jpg   通勤で乗る相鉄線のPR紙『相鉄瓦版』の今月号(通巻197号)のテーマは、‘文字にの字です’。巻頭に寄席文字橘流の書家、橘左近師匠のインタビュー記事が載っています。寄席文字の創家橘右近師匠に師事し、右近さんが亡くなってからは家元の存在です。私の千社札の文字も、この師匠の文字です。このことは以前のブログにも書きました。縁起商売なので文字は右上がり。お客で隙間がないように、白い部分は出来るだけ少なく、止め、跳ねは勢いよく。勘亭流と籠文字から派生した文字となっていますが、江戸文字は籠文字、髭文字、相撲字、提灯文字、角文字など、美しくてドイツゴシックなどよりよほど芸術的です。
   下の私が持っている千社札のサンプルの中に、寄席文字を造った右近師匠の自分用の交換札がありますが、バランスがいいです。
冒頭の談志、志ん生の文字ですが、志の字の心が微妙に違います。談志のは縦長、志ん生は横長。そして全体のバランス(文字数)を合わせるのだそうです。ここまでは、見てなかったですねぇ。e0116694_2273753.jpg


寄席文字は今人気があって、教える教室も結構目にします。ちょっと書いてみたい気もします。











e0116694_22253384.jpg


昨日の夕刻では、まだ2~3日かなと思っていましたが、今朝見てみるとご覧の通り咲いていました。
いいことあるかな、と期待した1日でしたが、いつもと同じ暑いだけの1日でした
by jf1ebpkh | 2011-07-14 21:44 | 趣味 | Comments(0)

酪農家

   昨年の宮崎県、ここのところの福島県と、酪農家にとっては大変なことが起きています。宮崎はBSE,福島はセシウム汚染ですが、福島の酪農家は今どんな思いでいることでしょう。マスコミはどの局も連日ニュースのトップで報道していますが、京大の不正入試事件のように、針小棒大な報道のような気がします。
   日本は、広島、長崎、第五福龍丸と、過去に原子爆弾の直接被災をこうむっています。セシウムを食べていいとは言いませんが、この酪農家の方がよほどの被害者だと思うのです。故意にしたわけでなく、なのにどのチャンネルでも病気の発生源はこいつだ、のような報道です。私だったらいたたまれないでしょう。飼料をたくさん食べて、どうだ、と開き直りたい気持じゃないかと思うのです。酪農家ばかりが負い目を負わされて、こんなことしていたら日本で牛や豚を飼う人はいなくなってしまうでしょう。
   ちょうど内澤旬子さんの『世界屠畜紀行』角川文庫を読んでいまして、この話とは直接何のつながりもないのですが、家畜を屠る人々のいわれのない差別や怖れが日本だけのものなのか、世界的にはどうなのか。生きるということは、動物にしろ植物にしろ、他のものの命を奪うこと。いただきますは、命をいただくことなのは人類共通のことなのに、民族によってそれを仕事としている人に対する見方が異なるということ。文章は平易ですが、文化人類学的な考察をつづっています。同じ日本でも、沖縄は随分違います。著者は屠殺ではなく、あえて屠畜と言っていますが、動物愛護協会や捕鯨反対の輩に是非読ませたい本です。

世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)

内澤 旬子 / 角川書店(角川グループパブリッシング)


e0116694_22302097.jpg
畑のハスもまだですが、ベランダもまだです。もう2~3日かかるでしょうか。
つぼみを見ていると、ポンといいそうな気がします。
by jf1ebpkh | 2011-07-13 22:37 | 日常 | Comments(0)

夏休み

   節電のために、今年の夏休みは変則的です。大学は2週間前倒しの夏休みを終え、昨日からまた授業を再開しました。専門学校の方は、交代に夏休みに入りました。文科省の指導があったとかで、夏休みを分割して取っています。なので、キャンパス内はいつもの半分しか人がいないので、もう全体が夏休みに入ってしまったかのように閑散として静かです。学食の業者さんは、売り上げに影響出ていないでしょうか。
今年の夏の旅行の傾向は、これまでの安・近・短から、安・近・長になりつつあるそうですが、実感としてはまだ安近短です。ハワイに行く休みが取れないから、沖縄でという方がありました。ちょうどお盆の時期ですので一番高くて、3泊4日で35万円です。朝食しか付いてないのですよ。ホテルは超いいところですけど、ハワイの結構いいホテルに泊まるのより高いのですよ。高・近・短ですね。
  成田空港予測では、今年の夏は昨年より約14%の利用減ということですが、震災ばかりではなく、羽田の開港の影響も大だと思います。成田は、遠いし、高いし、不便です。海外からのお客様だって、特にアジアからは羽田のほうが圧倒的に使い勝手がいいでしょう。私はまだ未定ですが、休みは取れても安・安・安でしょうね。
e0116694_2229460.jpg
日曜日に切ってきたヤマユリが咲きました。玄関に置いてますが、匂いが充満してます。おしべがあったほうがユリらしいのですが、花粉が大変なので開くとすぐ取っています。
by jf1ebpkh | 2011-07-12 22:29 | 仕事 | Comments(0)

梅雨明けです

e0116694_20502715.jpg    
   今年の夏は、6月下旬から始まったような気がします。昨年以上に暑くなるんでしょうか。拙宅ではまだクーラー入れてませんが、夜窓を開けて寝ようとすると、まだ風が冷たく感じられます。
   しかし、今朝はもう夏真っ盛りの朝でした。昨日梅雨明け宣言があり、これはいつもより12日早いということですが、小学生頃の夏休みを想い起こさせます。あの頃は‘緑陰子供会’といって、上級生も下級生も近所の子供たちが午前中に一緒に集まって、夏休みの宿題をやっていました。ラジオ体操も皆一緒です。6時半のNHK(テレビではありません。ラジオです)に合せて毎日参加し、終わるとラジオ体操のカードに出席のゴム印をもらい、全出席ですと御褒美がもらえました。今でも、この習慣は続いているのでしょうか。我が子の時代でもすでになくなっていたようですが、ご近所の生活時間が一致しなくなり、考え方が個々人優先になり、それが近所付き合いを気薄にしてしまったのでしょう。


もうすぐ咲きそうな 茶碗バスです。上は畑のもの。下は我が家に持ち帰ったもの。どっちが先に咲くか。
e0116694_21161256.jpg

by jf1ebpkh | 2011-07-10 21:36 | 日常 | Comments(0)