<   2017年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

金沢でちょっとびっくり

e0116694_22351079.jpg
   ちょっと金沢でのお話。大学の研修3日目は学生の自主研修日ですので、私も自主研修させていただきました。安江の金箔工芸館のことはもう話しましたが、兼六園の敷地の中に『成巽閣』という前田家の別荘があり、その2階に“群青の間”という部屋がございます。この部屋の土壁に濃紺の群青が塗り込められているのでこの名があるのですが、私は鉱物の藍銅鉱を砕いて漆喰に混ぜて塗り込めたとばかり思っていたのですが、部屋の説明板にはラピスラズリを使ったとありました。藍銅鉱であれば、これは日本画の顔料として昔からあるものだし、高価なものですが手に入りやすかったから当然とばかり思っておりました。同じような鉱物顔料ですが、わざわざ輸入してまで使っていたとはちょっとびっくり。e0116694_22592726.jpg
  その『成巽閣』と背中合わせになるところに、県立の『伝統工芸産業館』があります。ちょうど漆の企画展をやっておりましたので覗いてみましたら、漆職人の実技を見せているコーナーがありました。加賀仏壇の蒔絵の研ぎをやっていました。しばし、その作業を見ておりましたが、周りに見ている人もいないので、その炭は朴ですか?それとも椿ですか?と知ったかぶりをして尋ねましたら、何と合成炭だというのです。「へぇー、漆の研ぎに合成炭なんていうものがあるんですか」と、びっくりしました。大量の需要などほとんどないのに、こんなものまで作っているところがあるなんてもう驚きでした。「でも、とても使いやすいんですよ。均一ですから」と。漆芸では、漆を塗っては乾かし、塗っては乾かす作業が延々とあります。その表面を炭で研ぐ作業が付いて回ります。下塗り、中塗り、仕上げ、蒔絵など装飾する塗面では特に入念な研ぎが必要なので、下塗りには硬めの炭、蒔絵など繊細な塗り面には桐を焼いた柔らかい炭など(駿河炭ともよばれます)、椿や朴など年輪が固くない樹木で炭がつくられます。研ぐ時は炭を水に浸しながら、炭の繊維が漆の表面を傷つけないよう注意しながらの作業となります。訊けば、漆用の合成炭にもサンドペーパーのように番号があるんだそうです。使い勝手は合成炭の方が良いそうで、樹木から作られた炭ですと方向性や微妙な硬軟の癖があって幾つも手元に置いておかねばならないから、能率は合成炭の方が勝るとのこと。伝統工芸の技の世界も変わっているんですね。
[PR]
by JF1EBPKH | 2017-11-28 23:05 | 趣味 | Comments(0)

誕生日

e0116694_20302322.jpg

[PR]
by JF1EBPKH | 2017-11-27 20:36 | 日常 | Comments(0)

定点観測:水谷茶屋

e0116694_15512542.jpg
 昨年もこの時期に100mほど近くにいたのですが、添乗中でしたので行けませんでした。今年は添乗あけの20日に行くことが出来ました。前日までの大混雑はまるで嘘のように人がいません。春日大社へ続く道ですが、登大路から南大門の交差点、そしてここまで前日はバスで1時間半かかっています。信じられませんが、事実です。  今から十年ほど前からですが、この水谷茶屋の定点観測を行っています。広重描く鞠子の宿の茶店をそのままここに持ってきたような舞台配置は、とても現代のものとは思えません。オーナーに拍手です。私の訪問月日は微妙にずれておりますが、この紅葉の季節に来られるだけで満足しております。
[PR]
by JF1EBPKH | 2017-11-26 15:51 | | Comments(0)

二週間ぶりの菜園

e0116694_22124501.jpg        今月は2週間続けて旅先でしたので、菜園は2週間ぶりです。ブロッコリーが出来ているかなと期待して行きましたが、まだ5cmくらいしか大きくなっていなく、ちょっとガッカリ。それより、今年は早く冬になりそうなので、イモを掘っておかねばなりません。サツマイモは今年は隙間に植えたので、これで全部。サトイモはもう大分掘って食べましたが、全部掘ってしまうと仕舞っておくところがないので、もうしばらくはこのままで。これは本柚子ですが、植えて10年くらいですが今年初めてなりました。先日、ひとつもいでお吸いものの吸口にしましたが、やはり良い香りがします。今年は5ツですが、来年が楽しみです。e0116694_22220397.jpg  



今年はツルウメの実がたくさん付きましたので、玄関に活けてあります。本来ならツルを丸めるのでしょうが、私が早い時期に切ってしまったので ちょっと不細工。でも、黄色の殻と赤い実が花のようです。e0116694_22285217.jpg
[PR]
by JF1EBPKH | 2017-11-25 23:04 | 晴耕 | Comments(0)

『皇室の彩』展

e0116694_20304579.jpg
 e0116694_21110536.jpg  NHKが芸大と共同主催者になっているためもあるのでしょうが、NHKの番組でこのような催しがあることを知りました。国宝や重要文化財は、文化財保護法によって一般公開が義務付けられていますが、皇室の御物は文化財保護法の埒外のため、宮内庁の三の丸尚蔵館で展示されるほかでは、あまり見る機会がありません。今回、東京藝術大学創立130周年記念特別展として、昭和天皇のご成婚が決まり、宮内省から当時の東京美術学校五代目校長正木直彦に持ち込まれたお祝品の製作に関して組まれたプロジェクトが作り上げた作品の展示です。日本画はもちろんのこと、金工、木工、漆工、染織、陶芸など、当時として、日本の伝統文化の継承のために、現在で言う人間国宝にあたる帝室技芸員達が精魂込めて作ったものばかりです。芸大は今でも伝統工芸のモノヅクリの総本山。職人技術のピンです。
 e0116694_21435395.jpg  チケットを買うために30分ほど並びましたが会場は大混雑でもなく、作品の前で少し待てば十分鑑賞できるほどでした。入口にまず高村光雲の“松樹鷹置物”。東宮御所の玄関の置物として製作されたそうで、猛禽と松とは、江戸幕府の居城の室礼に似たものかと思われます。高村光雲の作品は鹿とか猿とかいくつか出ておりましたが、“萬歳楽置物”は一見海野勝珉の金属彫刻かと思わせるものでしたが、原型の木型を光雲が作り、鋳物ブロンズにしたものだという。   NHKの番組では、裕仁皇太子と良子妃に贈られた飾り棚を題材にしてその技法を照会しておりましたが、私には一対の扇面貼り交ぜ屏風の方が良かったのではないかと思いました。金工あり、陶芸あり、技法も象嵌、彫漆、蒔絵、螺鈿、刺繍、鋳金、鍛金等々、多彩です。当代随一の作家たちが自らの技を誇った作品です。一品でも素晴らしいものなのに、それが二曲一双の屏風仕立てになっているのです。この会場に展示されているものはすべて超絶技巧ばかり。それを作った作家=職人を育ててきた芸大は偉い。
e0116694_22022900.png

[PR]
by JF1EBPKH | 2017-11-24 22:02 | 趣味 | Comments(0)

東博『運慶展』

e0116694_22442880.jpg   小学館の“サライ”と隔週刊“日本の国宝”の『運慶展』内覧会(11/6月曜日 18:00~)ご招待に応募してたのですが、はずれてしまったようなので、急いで行って来ました。何しろ26日までですので、あと数日しかありません。休日だし、前売りで切符を買ってまだ行ってない人は皆今日から出掛けてくるだろうから、きっと混んでるだろうなと思っていたのですが、午前中は雨。それも結構本降りの雨です。天気予報では、午後には晴れてきますと言っていましたので、それを信じて陽射しが出るのを待っておりました。行くなら、芸大美術館の『皇室の彩』も是非にと。これも26日までです。
 さて、昼頃になって雨も小ぶりとなり、12時半には陽射しが出てまいりました。さぁ、出掛けましょう。東博の『運慶展』は、22日より26日までは、21時閉館です。芸大は17時閉館。先に、芸大へ向かいましたが、その報告は明日。まずは、運慶。今回の展覧は、興福寺中金堂再建記念と副題がついております。今、興福寺は光明皇后が母橘美千代の追善供養のため創建した中金堂を再建しております。19日まで、その中金堂の裏にある仮金堂で阿修羅など八部衆や国宝館に展示されていた仏像などの一部を、かって光明皇后が並べていた天平時代のままに配置して展覧しておりました。国宝館は、耐震工事に入っていますので、この『運慶展』は、仏像たちに居場所がないから費用稼ぎの出開帳と思えば良いでしょう。  e0116694_23283196.jpg   
芸大の『皇室の彩』を見てからなので、東博の平成館に着いたのは4時半頃でした。待ち時間30分と言われましたが、切符買うのに30分。入場するのに2~3時間待ちはザラだと聞いてましたので、ラッキーかもしれません。しばし待ちましたが15分くらいで入場できました。これは嬉しい。まず会場の入口で、円成寺の大日如来が〝運慶デビュー〟の看板を背にお出迎えです。「オー、いいじゃないの。この演出。」この像は、今は円成寺の多宝塔の中に入ってしまったので、円成寺に行っても良く見えません。学生時代、サークルの研修で柳生街道の円成寺を回っている際、急ににわか雨が降ってきて、本堂で雨宿りをしながらこの像とは数時間一緒の空間にいた想い出があります。金箔が剥げてはいますが、それでも端正なその顔をしばし眺めておりました。運慶24歳の作品。まさにデビュー作です。端正な顔は、ズーっと変わっていません。会場は雑踏以下。しばし待てば、いずれの像の正面に回ることが出来ました。青年期、壮年期、親・親族・子供たちと、運慶を囲む時代、世代で会場は構成されていたのも良い企画だと思えました。一番気に入ったのが、浄瑠璃寺の12神将を勢ぞろいさせたこと。42年ぶりとありましたが、こういうのはいいですね。興福寺のいくつかある四天王像や、伊豆や横須賀にある寺院からの出品も、運慶の全体の作品の流れを俯瞰することができて、良かったと思います。京博の『国宝展』より出品作品は少ないのに、見たことがあるものも多かったにもかかわらず、この秋の特別展の軍配は東博に上りますね。
e0116694_23353225.jpg


   お寺では正面からしか見られない仏像も、後ろ側から見るという演出が評判となって、今回も幾つもの仏像が周囲を回って見ることが出来るようになっていましたが、私の大好きな龍燈鬼が、こんなにマジかにお尻を見せていただけて、もう満腹致しました。                                

[PR]
by JF1EBPKH | 2017-11-23 23:49 | 趣味 | Comments(1)

京博『国宝展』

e0116694_22085731.jpg
  添乗後に京都に残ったのは、京都国立博物館の『国宝展』を見るためでもありました。博物館の開館120周年記念。前回の国宝展から50年との触れ込みでした。しかし、大変ガッカリな『国宝展』でした。内容が貧弱なのです。前触れが華々しかったので、混むのが予想されたので、本来休館日の月曜日の午後18時からの内覧入場券を手に入れていたのですが、えッ、これだけというのが率直な感想です。10月3日から約2か月間の展覧ですが、4期に分けて展示品の入れ替えがありました。そのことは問題ありませんが、全体の展示品の数、その内容に華がないのです。私の個人的な感想ですが、しいて言えば“伝源頼朝像”と“油滴天目”くらいでしょうか。しかし、これとて初見ではありません。応挙や光琳の屏風も時期に行けば常設で見ることが出来るもので、有難味は湧いてきません。今回は、そんなンばっかりです。50年ぶり。120周年記念が泣いてしまいます。  今回は、JR東海ツアーズや阪急トラピックスで臨時新幹線や貸し切りバスで募集ツアーを設定しています。上の写真は、ほとんどそのツアーで来られた方々です。会場の平成知新館は、常設展でも、えッこれだけ、もう終わり、と叫んでしまうくらい展示スペースがなくて、東博に比べると歩き疲れることもないから所要時間が少なくて楽ですが、あの重文の旧館の中はどうなっているのでしょう。今回展示されている国宝の数で言えば、法隆寺や東大寺でいつも見られる国宝より少ないのではないのでしょうか。一寺にも見劣りする『国宝展』。並ばなくて見られたから大損とは思いたくないですが、2,500円もした切符です。ボッタクリでしょ。
e0116694_22563331.jpg

[PR]
by JF1EBPKH | 2017-11-22 22:54 | | Comments(0)

錦秋の京都

e0116694_22340661.jpg
  今朝の京都・永観堂です。17日から添乗で京都・奈良に来ていますが、添乗は19日で終了。昨日と今日は私の時間としています。奈良はもう大分散ってしまって、東大寺や手向山八幡の境内にあるイチョウも枝ばかりが目につきます。今年は例年になく寒さが早めにやって来たそうで、暖冬で12月10日頃までいつもは紅葉が見られたのに、昔に戻ったようです。e0116694_22523433.jpg  
しかし、京都も奈良も人出だけは例年以上。どこもかしこも外国人。中国・台湾からは相変わらずですが、欧米系の人々も団体、グループ、ご夫婦と様々ですが、どこに行っても多数目につきます。京都の市バスはどれも大混雑。観光地、お土産屋さんも大盛況のようです。着物を着ている女性もたくさんいらっしゃいましたが、これはほとんどが台湾の方々。回転寿司、ラーメン店は、人種、国籍を問わず入っているようです。日本も変わりました。タクシーの運転手さんは、日本語の通じるお客さんが乗るとホッとしますと言ってました。  どこもかしこも人だらけ。19日の日曜日は午前中は法隆寺。午後は東大寺と興福寺を研修する予定だったのですが、法隆寺から奈良市内の県庁前までは実に順調にバスは移動していたのですが、県庁を過ぎた十字路、南大門の交差点からほとんど前へ進めなくなり、昼食を若草山の山麓にある食事処で12時からの予定が結局食べ始めたのは13時半。1時間以上遅れまして、午後の予定をどうしようかと、久しぶりに胃が痛くなりました。興福寺の仮金堂の拝観はこの日が最終日。明日は入堂出来ないのです。お昼を食べてから、法華堂―三月堂ー戒壇堂ー大仏殿ー東大寺ミュージアム―南大門ー興福寺と、60名を越す人たちを連れて説明し、徒歩で誘導しなくてはなりません。刻限は興福寺の仮金堂へ16:30分。昨年と同じ曜日、時間で動いているのに何で今年は、と何かバチでもあたった思いです。急ぎ足でね、と言ってもすぐ列は長くなってしまいます。横断歩道もあります。一度で渡り切れないのです。モウー、っと私は牛になっております。来年は日程を変えねば、とつくづく思ったことでした。  
[PR]
by JF1EBPKH | 2017-11-21 23:11 | | Comments(0)

今日は京都にいます

e0116694_14222257.jpg
先週末は金沢。今週は京都です。今日は、東寺ー三十三間堂ー六波羅蜜寺ー智積院。明日は、醍醐寺ー法界寺ー平等院ー浄瑠璃寺。三日目は、法隆寺ー東大寺ー興福寺と、昨年とまったく同じです。しかし、今年は東博で『運慶展』、京博で『国宝展』をやっていますので、お寺に行っていつも見られるものが、見られなくなっているものもあるのです。
『国宝展』は、月曜日の夜にある内覧会の切符が手に入りましたので、それを見るつもりですが、『運慶展』は、あと一週間だけですので、来週末に見にいく予定です。来週は、土日に限らずズーッと夜9時まで開けてくれると、元東博の課長であった教授にバスの中で教わりましたので、ちょっと安心しています。最近は、待つことが億劫になって、何か弁法は無いかと思っているのです。昔はなんでもない事が、歳をとると我慢が出来なくなってくるのです。何ででしょう。 先週も今週も、同じ大学の学生さんの研修旅行なのですが、今年はどちらもおとなしいのですが、質問も結構していて、まぁ良い学生にみえます。明日からも期待が持てますが、天気が急変しそうなのでそれが気がかりです。

[PR]
by JF1EBPKH | 2017-11-17 13:17 | Comments(0)

近江町市場

e0116694_22203144.jpg
  金沢へ来たら"近江町市場"は、外せないでしょう。学生の研修では、近江町市場の対面にある名鉄系の"スカイホテル"を主に利用させていただきました。新幹線が来るというので、金沢駅はもちろんですが、スカイホテルはANAホテルグループに買われ、近江町市場も全面改築となりました。金沢市内で今一番背が高いのは、金沢駅前の日航ホテルとANAホテル。それに県庁舎です。スカイホテルの窓からは、建て替えられる近江町市場が良く見えたものです。  《かに解禁11月7日》と、近江町市場の入口に掲げられています。昼間は観光客で混んでましたので、夕食を食べにいくかと6時過ぎに行ってみたのですが、1階の店舗は当然ですが人影はなく、食事処は2階にまとめられています。しかし、こちらにも人はいません。観光客が数名ずつグループで行き交わしますが、食事処は海鮮丼ばかり。それも、3~4千円のドンブリもんです。市場の出入り口に寿司屋があちこちにあったはずだけどと、1階に降りて見廻りましたが、これという店が見当たりません。第一人が歩いていないのです。シャッター街の市場になっているのです。えぇ、こんなはずじゃなかったんだけどと"近江町食堂"も覗いて見ましたが、やはりメインはドンブリもの。海鮮丼なんて、修行をした料理にもならないものに数千円を払う気はしません。十間町口の方に"不室屋"さんがあったはずだけどと夜はやっていないし、と仕方なく回転すし屋がありましたので入ってみましたが、"スシロー"や"くら寿司"の方がよほどましです。地元の人もいないハズです。これじゃ、梅が丘の"美登利寿司"でも来たら近江町市場は全滅だな、という有りようです。e0116694_22461188.jpg 百円寿司でもないのに(お皿の色で値段を決める方式)ネタが良くありません。前の晩、国民宿舎で出た刺身の方がよほどうまいです。写真は、翌日の昼食ですが、長町の武家屋敷の入口にあった加賀料理屋の1,500円の定食です。治部煮、刺身もありますが、もちろん美味しかったです。金沢の近江町市場内にある寿司屋のネタが一番悪いとはどういうことでしょう。これじゃ、ダメでしょう。e0116694_23051638.jpge0116694_23043334.jpg





 日航ホテルの地下街にあったテナントの壁に貼り出してあったメニューです。鴨団子と生麩のそば。それにカニご飯ですと。美味そうじゃないですか。翌日の昼、期待して行きました。出てきたのが、これ。看板には値段が書いてませんでしたが、950円でした。看板で引いて、現物でうまさを確認させる。これでなきゃ。
[PR]
by JF1EBPKH | 2017-11-15 23:02 | | Comments(0)